【甲南大学】CUBE生3名がJICA事業での活動経験をプレゼンしました!

JICA事業での活動経験をプレゼンする大学生

【 甲南大学webサイトより転載 】

JICA事業(ブータン山村での国際協力)の学生スタッフ(CUBE生3名:横山幸俊[4回生]、原田悠衣[3回生]、松実あすか[2回生])が、日本ブータン友好協会主催の会合(4月20日、東京都内)で、現地での活動経験とその成果をプレゼンしました。

協会関係者にくわえて一般市民の方たちもご参加くださり、ブータン山村の動向や国際協力のあり方について、有意義かつ活発なディスカッションが交わされました。

※本事業の正式名称は、JICA草の根技術協力事業『ブータン王国シンカル村における所得向上と住民共助による生活基盤の継承・発展』です。

JICAホームぺージ
https://www.jica.go.jp/partner/kusanone/shien/bhu_04.html

プレゼンをする甲南大学生
プレゼンする甲南大学生
プレゼンする甲南大学生
ブータン山村の動向や国際協力のあり方についてディスカッションする甲南大学生
この記事に関するお問い合わせ先

西宮市大学連携課

​​​​​​​西宮市北口町1-2-602 アクタ西宮東館6階
西宮市大学交流センター
電話番号 0798-69-3155

メールでのお問い合わせはこちら

お願い:大学提供情報につきましては、各大学に直接お問い合わせ下さい

更新日:2019年05月09日