【兵庫医科大学】炎症の回復期に出現し、組織修復を促す新しい免疫細胞を発見

遺伝学 大村谷教授や東京薬科大学らによる共同研究

【兵庫医科大学WEBサイトより転載】

兵庫医科大学(兵庫県西宮市、学長・野口 光一)遺伝学 大村谷 昌樹教授は、東京薬科大学、理化学研究所、熊本大学との共同研究にて遺伝子解析を担い、炎症や組織傷害の回復期に出現する新しい単球細胞を発見しました。

この細胞は、健常時や炎症・組織傷害の急性期にはほとんど存在しませんが、回復期になると骨髄で盛んに作られ、血液中に送り出されます。組織傷害部位に集積すると、炎症抑制や組織修復に関わるタンパク分子を産生し、傷ついた組織の修復に寄与します。この単球細胞を消去したマウスでは、腸炎の回復が遅延したことから、この細胞が炎症収束や組織修復に担う役割の重要性が証明されました。

本研究成果に関する論文は、日本時間10月6日(金曜日)AM 3:00(米国東部標準時間 5 日PM 2:00)に米国科学誌「Science Immunology」に掲載されました。

※詳細については、こちらをご覧ください

Science Immunology記事

論文情報

掲載誌:「Science Immunology」 5th, October 2018 電子版

論文タイトル:「Emergence of immunoregulatory Ym1+Ly6Chi monocytes during recovery phase of tissue injury」

著者:池田 直輝、浅野 謙一、菊池 健太、内田 吉美、池上 大貴、高木 諒、四元 聡志、澁谷 拓未、岡村 千絵子、福山 英啓、渡辺 貴志、大村谷 昌樹、荒木 喜美、西躰 元、田中 正人

掲載日:2018 年10 月5 日(米国東部標準時間)

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

西宮市大学連携課

​​​​​​​西宮市北口町1-2-602 アクタ西宮東館6階
西宮市大学交流センター
電話番号 0798-69-3155

メールでのお問い合わせはこちら

(大学提供情報につきましては、各大学に直接お問い合わせ下さい)

更新日:2018年10月09日