【甲南大学】三好教授・川内准教授のNature Communications掲載論文を各社が報道

【 甲南大学webサイトより転載 】

 

6月11日(月曜日)15時から、甲南大学ポートアイランドキャンパスにおいて、同日英国の科学誌(Nature Communications)に掲載された論文について、フロンティアサイエンス学部(FIRST)の三好大輔教授、川内敬子准教授による記者会見を開催いたしました。
研究成果につきましては、報道各社から下記のとおり新聞、ネットニュース等にご紹介いただきました。

甲南大学記者会見
甲南大学記者会見

神戸新聞:「特定タンパク質破壊でがん細胞の死滅成功 甲南大」
産経新聞:「がん細胞だけ死滅させる医薬品を開発 甲南大チーム」
毎日新聞:「がん細胞 赤い光で死滅 薬剤、遺伝子狙い撃ち 甲南大」
日刊工業新聞:「がん転移分子のみ破壊 甲南大、負担軽い治療に期待」
時事通信「がん増殖分子狙い撃ち=光線療法、効果向上も-甲南大」
共同通信:「光照射でがん細胞狙い撃ち体外実験で死滅、甲南大」

*Nature Communications

(リンクは転載元の記事からご確認下さい)

この記事に関するお問い合わせ先

西宮市大学連携課

​​​​​​​西宮市北口町1-2-602 アクタ西宮東館6階
西宮市大学交流センター
電話番号 0798-69-3155

メールでのお問い合わせはこちら

お願い:大学提供情報につきましては、各大学に直接お問い合わせ下さい

更新日:2018年06月15日