大学共同講座(後期)受講生募集(インターカレッジ西宮2・3月講座)

大学共同講座(後期)

西宮市大学交流センターでは、市民の皆さまを対象に、市内の大学・短期大学の先生方を講師に迎えて、様々なテーマの講座を開催しています。

市内在勤者・在学者も受講できます。

 

大学共同講座は、西宮市内に所在する各大学の教員が、共通テーマによりそれぞれの 専門分野の講義をリレー式で行う講座です。
前期と後期にわけて開催します !

インターカレッジ西宮写真
インターカレッジ西宮写真
インターカレッジ西宮写真

共通テーマ:温故知新

講義概要
第1回 2024年2月22日(木曜日)
先人達に学ぶ心と身体のケア:世界の補完代替療法の話
-呪術時代から現代まで-
講師 武庫川女子大学 看護学部 看護学科
徳重 あつ子(とくしげあつこ)教授
内容 心と身体のケアは、いつの時代においても大切です。医学が進歩した現代においても、呪術が医学の主流であった時代から現代までを概観し、主に看護の視点から心身のケアについて考えていきます。世界の補完代替療法を紹介しながら、先人達の残した知恵が現代も活かされていることを一緒に確認したく思います。
第2回 2024年2月29日(木曜日)
演劇の時間 -今、過去を演じるのは未来のため-
講師 大手前大学 建築&芸術学部
平川 大作(ひらかわだいさく)教授
内容 わたしたちが過去を省みて、その出来事や人物の行動をいま再現するのが演劇です。そこに流れる特別な時間の意義について考えます。
第3回 2024年3月7日(木曜日)
西宮市と雑誌『保育』のつながり
講師 甲子園短期大学 幼児教育保育学科
堀田 浩之(ほったひろし)教授
内容 戦前発行されていた月刊雑誌『保育』は、西宮市と大変深いつながりがあります。そのつながりを足掛かりに現在と過去を結びつける旅をしてみたいと思います。
第4回 2024年3月14日(木曜日)
地方自治の現在、過去、未来 〜あらためて地方分権改革を考える〜
講師 関西学院大学 法学部
山下 淳(やましたあつし)非常勤講師
内容 地方自治体の自立・自律の質・量は「集権」と「分権」の間で振り子のように揺れてきた。20年前の地方分権改革は国と地方の関係を「上下・主従」から「対等・協力」へと転換するものだったが、それは同時に80年前の戦後改革の積み残した課題を片付けるものでもあった。近時、高齢化・少子化・デジタル化といった社会変化のなかで、国と地方の関係が再び「集権」にシフトしてきているようでもあり、そこで、あらためて戦後の自治制度を振り返ってみたい。
時間 各回ともに 18時30分~20時00分
受講料 3000円(全4回)
定員 100名

ダウンロード

会場

西宮市大学交流センター

阪急西宮北口駅から北東へ徒歩2分 ACTA西宮東館6階

申込方法

  1. 講座名「大学共同講座(後期)」
  2. 郵便番号・住所
  3. 氏名(ふりがな)
  4. 電話番号
  5. 年齢

をご記入のうえ、はがき、電話、ファックス、窓口のいずれかでお申込みください。またインターネットからもお申込みできます。

【申込期間】
先着順で受付中
定員になり次第締め切ります。

【申込先】
はがき:〒663-8035 西宮市北口町1-2-602 西宮市大学交流センター「大学共同講座(後期)」係
電話番号:0798-69-3155
ファックス:0798-64-5082

インターネットからのお申込み

下記のリンクより申込画面に進んでください。

この記事に関するお問い合わせ先

西宮市大学交流センター
(所管:西宮市地域学習推進課)

​​​​​​​西宮市北口町1-2-602 アクタ西宮東館6階
西宮市大学交流センター
電話番号 0798-69-3155

メールでのお問い合わせはこちら

お願い:大学提供情報につきましては、各大学に直接お問い合わせ下さい

更新日:2024年02月02日