【大手前大学】【ファッションビジネス専攻】山下ゼミが小学校のトイレでリノベーション活動

小学校のトイレの壁にペンキを塗っている様子

【大手前大学WEBサイトより転載】

大手前大学現代社会学部の山下真知子教授(ファッションビジネス専攻)と、そのゼミ生たちが西宮市内の小学校でトイレの改修活動を始めています。色彩を主に学ぶ学生たちは自らの学びを生かそうと、学外に飛び出して企業や小学校と連携を取りながらペイントリノベーションを進めています。

トイレのペイントリノベーション活動は、ゼミ活動の一環として、西宮市立瓦林小学校のトイレの環境改善に挑戦します。3年生の学生たちはファッションや建築、広告などをリサーチするなど色彩調査等を学んでおり、リノベーションするにあたり、小学校や大阪市内の塗料メーカーとの打ち合わせを重ねたうえ、産官学連携事業として実施しています。

トイレの壁面のひびのある箇所をペンキが塗れるように養生している様子

10月22日には、同小学校2階の職員用トイレの塗装をスタートさせました。学生たちは、壁面にひびのある箇所をまずコテで何度もこすり、パテを塗り込んだ上、タイルや洗面所など塗ってはいけないところをビニール袋やマスキングテープでしっかり養生し、ペンキをローラーで塗っていました。同トイレのリノベーションは年内いっぱい続く予定です。この日は、塗装作業に約60分、養生作業と養生撤収作業、清掃に約45分と、準備・撤収作業が活動時間の多くを占めることになりますが、学生たちはこつこつと活動を進めます。

トイレのリノベーション活動をする山下真知子教授とゼミ生たち

山下教授は2012年より、西宮市教育委員会と連携し、本学が推進しているPBL授業(課題解決型学習)として西宮市立北夙川小学校や同高須中学校のトイレを皮切りに、これまで約200事例ものカラー改修をゼミ生たちと手掛けてきました。

(2018年10月31日)

更新日:2018年11月01日