【大手前大学】【デザイン・造形美術専攻】メディア芸術学部の卒業生が「日本新工芸学生選抜展」に出品

【大手前大学WEBサイトより転載】

大手前大学メディア芸術学部を卒業した菊池夏月さんと平野美穂子さんが「第1回日本新工芸学生選抜展」に染色作品を出品しています。

選抜展では、「第40回日本新工芸展巡回展」と同時開催しており、全国の高等学校、専門学校や大学などで工芸を学んでいる生徒・学生から選抜した作品が一堂に並んでいます。

菊池さんは、浴衣(題名:「蜂の変身」)、平野さんはタペストリー(題名:「守護獣」)をそれぞれ制作しました。

「第1回日本新工芸学生選抜展・近畿展」

会期:2018年7月31日(火曜日)~8月5日(日曜日)
10時~18時(最終日15時まで)
入場料:無料
会場:京都文化博物館ミュージアムギャラリー
〒604-8183 京都市中京区三条高倉

(2018年08月02日)

菊池夏月さん制作の浴衣で題名:「蜂の変身」
平野美穂子さん制作のタペストリーで題名:「守護獣」
日本新工芸展のポスター画像
この記事に関するお問い合わせ先

西宮市大学連携課

​​​​​​​西宮市北口町1-2-602 アクタ西宮東館6階
西宮市大学交流センター
電話番号 0798-69-3155

メールでのお問い合わせはこちら

お願い:大学提供情報につきましては、各大学に直接お問い合わせ下さい

更新日:2018年08月03日