ノートテイカー基礎講座(2020年度)を開催しました

ノートテイカー基礎講座講義の様子1

 

 2020年11月11日(水曜日)17時50分より、西宮市内の大学・短期大学の学生及び教職員を対象としたノートテイカー基礎講座(後期)を西宮市大学交流センターにて開催しました。

 西宮市大学交流協議会の主催で平成22年度から開始し、今回で21回目になります。

 ノートテイクとは、耳が聞こえない、あるいは聞こえ難い聴覚障がい者に、講義の内容や周りの様子(誰かの発言や、教室内でのチャイムの音など)を、その場で文字にして伝える通訳のことです。

 ひょうご要約筆記講師の会から、宮崎先生・吉田先生のお二人をお招きし、聴覚障害、ノートテイクに関する講義とノートテイクの基礎的な実技指導を受けました。

 今回は学生3名にご参加いただき、実技もまじえながら和やかな雰囲気の中での講座開催となりました。ノートテイクにとって大事な要約技術である「削除」「省略」「置換」等の実践問題に取り組み、「話の意図をつかむ」「話し手のことばを忠実に聞き取り、遅れずに筆記していく」実践的な課題にも取り組みました。

 あっという間の2時間で、受講生の「もし書き間違えた場合はどうすればいいですか?」という質問にも丁寧に答えていただきました。アンケートには「ノートテイクの体験ができて良かった。」「ボランティアを始めたいと思えるきっかけになった。」などの感想をいただきました。

 今年度は、今回の講座で終了ですが、また来年度も開催を予定しております。まだ参加されたことのない方は、是非参加してください。


(2020年11月12日)

 

ノートテイカー基礎講座講義の様子2
この記事に関するお問い合わせ先

西宮市大学交流センター
(所管:西宮市地域学習推進課)

​​​​​​​西宮市北口町1-2-602 アクタ西宮東館6階
西宮市大学交流センター
電話番号 0798-69-3155

メールでのお問い合わせはこちら

お願い:大学提供情報につきましては、各大学に直接お問い合わせ下さい

更新日:2021年06月25日