【兵庫医科大学】中心性漿液性網膜脈絡膜症(CSC)とステロイド治療との関連性を発見

(眼科学 助教 荒木 敬士、主任教授 五味 文)

【兵庫医科大学WEBサイトより転載】

国際科学雑誌「Plos One」誌(28 Feb, 2019)に、眼科学 荒木 敬士 助教および五味 文 主任教授の論文が掲載されました。

中心性漿液性網膜脈絡膜症(CSC)とステロイド治療との関連を確認したという研究発表です。詳細は、下記をご覧ください。

五味主任教授(左)と荒木助教(右)
論題

Central serous chorioretinopathy with and without steroids: A multicenter survey

論文著者名

Araki T, Ishikawa H, Iwahashi C, Niki M, Mitamura Y, Sugimoto M, Kondo M, Kinoshita T, Nishi T, Ueda T, Kato A, Yasukawa T, Takamura Y, Gomi F.

概要

中心性漿液性脈絡網膜症(CSC)は、黄斑部に網膜剥離が生じ中心視野が損なわれる疾患で、30~50歳代の男性に多く発症する。自然回復も少なくないが、遷延すると高度に視力が低下し、社会生活に影響を及ぼす。以前からステロイド治療がCSCの発症や悪化の要因となることが指摘されていたが、今回多施設においてその傾向を検討したところ、477名の患者のうち74名(15.5%)でステロイド治療との関連が示された。ステロイド関連CSC例では、高齢者が多く、男性優位の発症は見られず、また両眼発症が多く、病状がより重症で、再発も多いことが明らかとなった。さらにステロイド治療歴のある患者では脈絡膜がより肥厚していたことから、ステロイドは脈絡膜に作用して、CSCを誘発させることを明らかにした。

研究の背景

中心性漿液性脈絡網膜症(CSC)とステロイドとの関連は以前から指摘されていたが、現在もなおステロイドによってCSCの発症や悪化をきたしている例に遭遇する。しかしながらわが国で、ステロイド関連CSCがどの程度の割合で存在しているか、これまで検証されていなかった。またCSC発症の要因として、拡張した脈絡膜血管の透過性亢進の可能性が挙げられているが、ステロイド関連CSCにおける脈絡膜の病態はこれまで確認されていなかった。

研究手法と成果

国内8施設で3か月以上経過観察されている中心性漿液性脈絡網膜症(CSC)症例の、患者背景ならびに眼科検査所見を後ろ向きに回収し、各種解析を行った。477名の患者のデータベースが回収され、うち74名(15.5%)でステロイド治療との関連が示された。ステロイド関連CSC例と関連のない例との比較では、ステロイド関連例で有意に年齢が高く、男性発症の優位性はみられず、また両眼性が多く、病状がより重症で、再発も多いことが明らかとなった。光干渉断層計(OCT)所見から脈絡膜厚を測定して検討したところ、ステロイド関連CSC例では、脈絡膜が有意に肥厚していることが明らかとなった。

今後の課題

今回の検討から、ステロイドと脈絡膜血管との関連が示唆されたが、詳細なメカニズムは未だ不明である。ステロイドの関与が明らかになっても、併発疾患に対するステロイド投与が中止できない例も多く、このような例におけるCSCの重症化を食い止める手立ても検討していきたい。

掲載誌
この記事に関するお問い合わせ先

西宮市大学連携課

​​​​​​​西宮市北口町1-2-602 アクタ西宮東館6階
西宮市大学交流センター
電話番号 0798-69-3155

メールでのお問い合わせはこちら

お願い:大学提供情報につきましては、各大学に直接お問い合わせ下さい

更新日:2019年03月18日