【神戸女学院大学大学院心理相談室】心理相談室ウィークのお知らせ(無料相談・講演会)

心理相談室ウィーク

【神戸女学院大学webサイトより】
 

心理相談室では、今年も地域により開かれた心理相談室を目指した活動の一環として、無料相談・無料発達検査と講演会を実施いたします。

無料相談・無料発達検査は7月30日(火曜日)~8月5日(月曜日)、講演会は7月31日(水曜日)に行われます。(講師:本学大学院人間科学研究科教授 鶴田 英也氏)
ご関心のある方はご参加いただければ幸いです。

無料相談・無料発達検査(要予約)

概要
日時 2024年7月30日(火曜日)~8月5日(月曜日) ※いずれも土日は除きます

無料相談 10時~17時
無料発達検査 10時~/13時~
※発達検査の対象年齢:3歳~16歳11か月
※結果のフィードバックは9月に実施します。
※診断のための発達検査のお引き受けはできません。
※検査の枠には限りがあり、先着順で受け付けます。
場所 神戸女学院大学大学院 心理相談室
申込期間 7月1日(月曜日)~7月12日(金曜日) 10時~18時(土日除く)
心理相談室 電話番号:0798-51-8554

講演会(予約不要)

アニメから学ぶ、「私」が「私」を生きるヒント~"イエス"と言うこと、"ノー"と言うこと~

日常、そして人生は、“イエス”と言うか、それとも“ノー”と言うか、その 選択の連続であるとも言えるのではないでしょうか。さらに時として、とても 大きく困難な選択に迫られることもあるでしょう。その選択は、皆さん一人一人が 「私」自身をどう生きるかに大きく関わっていくことでしょう。わたしたちはいつ、 どのようなことに対して“イエス”や“ノー”と言えば、より「私」らしく生きてい けるのでしょうか。そのヒントを探るべく今回は、皆さんご存じ日本が誇る 宮崎駿アニメ『千と千尋の神隠し』(2001年)と、ロシアの映像作家ユーリ・ノルシュ テインの50年も前の『霧につつまれたハリネズミ 』(1975年)という二つの 代表的なアニメ作品に描かれた心の世界を、一緒に探検していきましょう。 

概要
日時 2024年7月31日(水曜日)13時~15時

※お車でのご来場はご遠慮ください。
※障害等をお持ちの方で配慮が必要な場合は、事前にお問い合わせください。
演題 『アニメから学ぶ、「私」が「私」を生きるヒント~"イエス"と言うこと、"ノー"と言うこと~』
講師 鶴田 英也 本学大学院人間科学研究科教授
場所 神戸女学院大学 メアリー・アンナ・ホルブルック記念館3階301教室




西宮市大学交流センターはお申込み先ではありませんのでご注意ください。


詳細は、下記リンクをご覧ください。 

この記事に関するお問い合わせ先

この記事は、各大学からのお知らせを転載したものです。
ご不明な点は記事中のリンクより、主催者に直接お問い合わせください。


西宮市大学交流センター
(所管:西宮市地域学習推進課)

​​​​​​​西宮市北口町1-2-602 アクタ西宮東館6階
西宮市大学交流センター
電話番号 0798-69-3155


更新日:2024年06月24日