【関西学院大学】梅田講演会(12月20日)

不思議なクリスマス-その謎を聖書に問いかける

【関西学院大学webサイトより】
 

大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)では、在学生・同窓をはじめ、一般の方々を対象とした公開講座や講演会を実施しています。

詳細
講師 山本 俊正(関西学院 宗教総主事・関西学院大学 商学部教授)
内容 クリスマス(Christmas)という言葉は英語です。日本語に直訳すると「キリストのミサ」という意味になります。「ミサ」とは礼拝のことですので、「キリストを礼拝する」というのがクリスマスです。教会でもクリスマスをイエス・キリストの誕生を祝う降誕祭としていますが、教会のクリスマスは12月25日に限定されません。12日間も続きます。不思議なクリスマスです。クリスマスには様々な「不思議」が同伴しています。マリアの「処女降誕」、「天使」の登場、「馬小屋」での誕生の何故。クリスマスプレゼントやサンタクロースの起源にも触れながら、数々の「不思議なクリスマス」の謎を、聖書のクリスマス物語に問いかけ、紐解いてみたいと思います。どうぞご参加ください。
日時 2019年12月20日(金曜日) 14時~15時30分(受付開始13時30分~)
場所 関西学院大学 大阪梅田キャンパス 1405教室
定員 80名(先着順)
参加費 無料
申込 要(下記webサイトよりお申込みください)

 

詳細は、下記リンクをご覧ください。 

この記事に関するお問い合わせ先

この記事は、各大学からのお知らせを転載したものです。
ご不明な点は記事中のリンクより、主催者に直接お問い合わせください。


西宮市大学連携課
​​​​​​​西宮市北口町1-2-602 アクタ西宮東館6階
西宮市大学交流センター
電話番号 0798-69-3155


更新日:2019年11月06日