【大手前大学】交流文化講演会 シンポジウム

占領期の都市空間を考える-記憶をいかに継承するか-

【大手前大学webサイトより】


2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える-記憶をいかに継承するか-」を開催します。第二次世界大戦後からサンフランシスコ講和条約締結までの間、日本はGHQの占領下に置かれました。占領期と呼ばれるこの時期の都市の様子はどのようなものだったのでしょうか、市民生活にどのような影響を与えたのでしょうか。本シンポジウムでは、当時の様子を振り返るとともに、その記憶の継承のあり方について考えます。みなさまお誘い合わせの上、ぜひお越しください。

【日時】 2019年11月23日(土曜日・祝)10時~17時45分
【場所】 大手前大学 さくら夙川キャンパス A44教室
【参加費】無料
【申し込み方法】 下記の申し込みフォーム、またはファックスにてお申込みください。
【お問い合わせ】 大手前大学 交流文化研究所
電話番号:0798-34-6331(大学代表)※平日9時30分~17時
ファックス:0798-23-4761

 

1.国際シンポジウム「占領期の都市空間を考える」申し込みフォーム

2.ご案内チラシ(裏面申込書)を印刷し、ファックスにてお申し込みください。

シンポジウムのポスター

 

詳細は、下記リンクをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

この記事は、各大学からのお知らせを転載したものです。
ご不明な点は記事中のリンクより、主催者に直接お問い合わせください。


西宮市大学連携課
​​​​​​​西宮市北口町1-2-602 アクタ西宮東館6階
西宮市大学交流センター
電話番号 0798-69-3155


更新日:2019年10月15日