【神戸女学院大学女性学インスティチュート】特別講演会

アメリカにおける女性とキリスト教ー抑圧とエンパワメントの間

【神戸女学院大学webサイトより】


アメリカ合衆国において、キリスト教はジェンダー構造に大きな影響を与えてきました。ある時点までは、それを決定づけたと言っても過言ではありません。フェミニストの立場から見ると、その女性への影響は両義的でした。
キリスト教は、女性に対して大いなる公的活躍の可能性を開きましたが、また、大きな抑圧の種ともなりました。では、どのように可能性を開き、どのように抑圧したのでしょうか。本講演では、「長い19世紀」に焦点を置いて、この疑問に解答してみようと思っています。

<参加無料・申し込み不要>多数の方のご来場をお待ちしております。

詳細
日時 2019年4月26日(金曜日) 10時35分~11時25分
講師 東京女子大学 現代教養学部 教授 小檜山ルイ 先生
会場 神戸女学院講堂

 

詳細は、下記リンクをご覧ください。 

この記事に関するお問い合わせ先

西宮市大学連携課

​​​​​​​西宮市北口町1-2-602 アクタ西宮東館6階
西宮市大学交流センター
電話番号 0798-69-3155

メールでのお問い合わせはこちら

(大学提供情報につきましては、各大学に直接お問い合わせ下さい)

更新日:2019年02月28日