【関西学院大学】梅田講演会(3月12日)

AIとIoTが変える福祉・介護の未来~人間福祉の立場から考える

【関西学院大学webサイトより】
 

大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)では、在学生・同窓をはじめ、一般の方々を対象とした公開講座や講演会を実施しています。

詳細
講師 生田 正幸(関西学院大学人間福祉学部教授)
内容 少子・高齢化の急激な進行にともなって、人口の減少、人手不足、後期高齢人口の増加、孤立・無縁世帯の急増など、社会と生活のあり方が大きく変わろうとしています。これにともなって福祉や介護など、私たちが生活していく上で欠くことができないヒューマン・サービス(人間福祉)の領域にも大きな変化が起こっています。またAI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)などICT(情報通信技術)の発達や情報化の進展も急激です。様々な要素が絡み合う激しく複雑な変化のなかで、福祉・介護はどうなっていくのか、私たちはどう向き合っていくべきなのか、みなさまと考えてみたいと思います。
日時 2019年3月12日(火曜日)14時~15時30分(受付開始13時30分~)
場所 関西学院大学 大阪梅田キャンパス 1405教室
定員 80名(先着順)
参加費 無料
申込 要(下記webサイトよりお申込みください)

 

詳細は、下記リンクをご覧ください。 

この記事に関するお問い合わせ先

西宮市大学連携課

​​​​​​​西宮市北口町1-2-602 アクタ西宮東館6階
西宮市大学交流センター
電話番号 0798-69-3155

メールでのお問い合わせはこちら

(大学提供情報につきましては、各大学に直接お問い合わせ下さい)

更新日:2019年02月06日