【大手前大学】2019年度公開実技講座

大学で絵画を学ぶ XV

【大手前大学webサイトより】
 

大手前大学・大手前短期大学は地域に開かれた大学をめざして、毎年、美術の公開実技講座を開講し、受講生の皆さんからも好評をいただいております。
2019年度の実技講座も、人物画を(A前期)と(B後期)の2期に分けて開講します。
前期もしくは後期のみでも受講できます。もちろん全期間をとおしての受講は大歓迎です。
趣味で絵を描いている方、絵を学びたいと思っている皆さん、大手前大学のさくら夙川キャンパスで共に学びませんか。初心者の方も安心。大手前大学メディア・芸術学部のスタッフが基本から丁寧に指導します。
 

A前期(2019年5月18日~6月8日)
テーマ 人物画を描く/着衣と裸婦クロッキー
内容 着衣固定ポーズ3回、裸婦クロッキー1回
講座日 全4回(5月18日、5月25日、6月1日、6月8日の土曜日 14時~16時)
受講申込
受付期間
2019年4月12日(金曜日)まで。
受講料 10,000円(モデル費含む)

 

B後期(2019年6月22日~7月6日)
テーマ 人物画(裸婦)を描く
内容 裸婦固定ポーズ3回
講座日 全3回(6月22日、6月29日、7月6日の土曜日 14時~16時)
受講申込
受付期間
2019年4月12日(金曜日)まで。
受講料 10,000円(モデル費含む)

 


 

詳細
実施場所 大手前大学さくら夙川キャンパス内
美芸院B32教室(絵画実習室)
対象 18歳以上の一般市民。絵の経験は問わない。初心者歓迎。
受講定員 A・B各40名
指導 大手前大学 メディア・芸術学部専任教員
井澤幸三教授 メディア・芸術学部絵画担当、独立美術協会会員
廣田政生教授 メディア・芸術学部絵画担当、独立美術協会会員
材料 受講者が準備(ご自分が使いたい画材をご持参下さい)
油彩、アクリル、水彩、パステル、色鉛筆、デッサン用具など任意の画材一式。
キャンバスを使用の方は持参してください。(10号程度の大きさ)
イーゼル、カルトンは絵画教室に常備のものを使用できます。
木炭紙、画用紙、水彩紙、パステル紙、木炭は教室で実費で購入することができます。

 

詳細は、下記リンクをご覧ください。 

この記事に関するお問い合わせ先

西宮市大学連携課

​​​​​​​西宮市北口町1-2-602 アクタ西宮東館6階
西宮市大学交流センター
電話番号 0798-69-3155

メールでのお問い合わせはこちら

(大学提供情報につきましては、各大学に直接お問い合わせ下さい)

更新日:2019年02月01日